賃貸でもできる!お部屋を広く見せるミラーを使ったインテリアのコツ

2018/11/14
by 矢口 明日香

鏡にはお部屋を広く明るく見せる効果があります。また、鏡の枠のデザインやサイズによっても雰囲気ががらりと変わるので、是非取り入れたいアイテムです。そんなミラーをつかったインテリアのコツをまとめました。

お部屋を簡単に広く見せるミラー

ミラーの効果

ワンルームやエントランスなど限られたスペースを広く見せるにはミラーを使ったテクニックがオススメです。映りこんだ風景がお部屋を広く見せてくれ、インテリアのアクセントにもなります。

壁掛けミラーも穴が目立たないフックを使えば安心

ミラーの効果

細いピンを差し込んで固定するタイプのフックであれば取り外したあとの穴も小さく賃貸の方にもおすすめです!今回集めた壁掛けミラーのほどんどがこちらのフックを採用しています。

point1:玄関などの狭い場所を広く見せたい時

ミラーの効果

玄関やエントランスには全身が見える縦長のミラーが便利です。全身が映る鏡であればお出かけ前の身だしなみチェックもしっかり行えますよね!また、玄関に鏡を置くことでマンションやアパートなどのコンパクトなスペースも広く見せてくれる効果が期待できます。

紹介アイテム

大きなミラーで奥行きを

ミラーの効果

こちらのミラーは高さが約1m90cmもあり鏡の後ろにもう一部屋ありそうな錯覚に陥るほどのジャンボなミラーです。海外のホテルやアパレルショップにもありそうな大きな鏡は置いてあるだけでお部屋を広く見せ、また沢山の光を取り込めるのでお部屋も明るく見えます。ヨガスタジオや美容院などでにもオススメのサイズ感です。

紹介アイテム

運気をアップさせる八角形のミラーもおすすめ

ミラーの効果

玄関に置くミラーでは八角形も人気です。

紹介アイテム

point2:リビングなどのアクセントに

横に配置してこなれた感じを演出

ミラーの効果

リビングでは、思い切って横に配置するとこなれた感じになります。海外のホテルにもあるこの配置方法は、お部屋のアクセントに最適で小さな窓のようにも見えるのがおしゃれです。

紹介アイテム

細いミラーを複数使ってスタジオのように

ミラーの効果

ダンスやヨガなどのスタジオのようなイメージで細いミラーを複数配置するとスタイリッシュな感じになります。インテリアパネルのような使い方は、都会の洗練されたモダン雰囲気に合いそうです。細枠や枠なしを選ぶのがポイントです!

紹介アイテム

point3:寝室やドレッサーには正方形がオススメ

ミラーの効果

デスクと合わせればドレッサーに早変わりする正方形のミラー。家にあるデスクと合わせるだけなので簡単に取り入れられてオススメです。縦横に十分な大きさがあるミラーを選べばヘアアレンジをする時にも便利です。また、寝室などの窓が少ないお部屋にも映りこんだ風景が窓のような雰囲気を与えてくれるのでお部屋に広がりが生まれます。

紹介アイテム

point4:バスルームには収納も兼ねたラックタイプ

ミラーの効果

ウォールラックとミラーが一体になったタイプは、ラック部分に化粧水や綿棒など、お風呂上りに使いたいものを置けるので便利です。さっと取り出して鏡を見ながらすぐ使えるので、収納とミラーを兼ね備えた一石二鳥のミラーです。また、玄関などでも、ラック部分に鍵やお出かけに必要なものを置いておけば身だしなみチェックもできてとても便利です。

紹介アイテム

point5:インテリアの雰囲気で選ぶ

西海岸系には古木を取り入れたミラーを

ミラーの効果

古木を使用したようなデザインの木枠を使えば西海岸系インテリアにもぴったりです。枠部分に貝殻や流木などのオブジェを置いたり、エアープランツなどを飾って、ディスプレイラックを兼ねたミラーにしても良いですね。

紹介アイテム

デスクや回りの小物にカラーや雰囲気を合わせると統一された空間になるのでオススメです。

ミラーの効果

紹介アイテム

北欧系にはナチュラルの木枠を

ミラーの効果

ナチュラルカラーの優しい雰囲気は北欧風インテリアには欠かせません。木目が見えるタイプはより優しいイメージとなり、白い壁とマッチするのでオススメです。

紹介アイテム

いかがでしたでしょうか?どのお家にも必ず1つはあるミラーですが枠やサイズでがらりと雰囲気が変わります!お部屋の雰囲気や広さ、置く場所に合わせてぴったりのミラーを選びましょう。