応接室レイアウトの注意点!設置するポイントや家具の選び方を解説します

高級感のある応接室

応接室のレイアウトやオフィス家具の選び方にお悩みですか?

来社された大切なお客様をお迎えするには、応接室が必要不可欠。来客との打ち合わせや商談が進められるため、会社の行く末が決まる重要な場所と言っても過言ではありません。
オフィス移転や拡張、新たに事務所を立ち上げたがどんな応接室にするかお悩み中の担当者がいらっしゃると思います。
当コラムでは、応接室のレイアウトのポイントであったり、応接室に使用する家具選びにお悩みの方に向けて解説いたします。

オフィス家具に関するサイズ変更・価格などのご質問&ご相談は
お電話・メール・お問い合わせフォームのいずれかよりご連絡下さいませ。
052-990-1017
電話受付時間: 平日10:00-17:30
※土日祝は休業日です



モダンな応接室

応接室はそもそもどんな部屋?

応接室は一言でいうと、お客様をお招きし、おもてなしするための重要なスペースです。
商談・打ち合わせなど、会社にとって重大なことを決めるための部屋ですので、室内は来客とリラックスして対話ができる場であることが最重要。スムーズに話を進めるためにも、応接室の設置とオフィスレイアウトは重視すべき部分です。



応接室のレイアウトを決める時の注意点

お客様が落ち着きながら対話できる場所にすることが大切なのは分かりましたが、一体どのようにレイアウトしていけば良いのでしょうか。レイアウトと、応接室の場所を決めるにあたって重要なポイントをご説明いたします。

・応接室は会社の出入り口付近に配置

応接室は、会社の出入り口に近い場所に配置するのが通常です。
出入り口から遠いと時間がかかったり歩き疲れてしまいますし、社内の執務スペースの横を通れば重要書類が見えたりする可能性があるため、情報漏洩のリスクが上がってしまいます。
おもてなしとセキュリティの観点から、応接室を設置する場所はオフィスの出入り口からなるべく近い場所にしましょう。

・応接室までの通路や動線を意識する

オフィスの出入り口から近い場所に設置するとはいえ、狭い場所や複雑な通路を通るルートだと案内がしづらく、お客様は快適さからほど遠い感情を持つことになってしまいます。
スムーズに応接室まで歩けるよう、通路幅は余裕がをもって広めに取り、簡単に行けるルートがある場所を選択しましょう。
また、廊下に絵画や観葉植物などのグリーンインテリアを飾れば、より好印象を抱いていただけるでしょう。

・応接室の座席レイアウト

オフィスマナー

席次マナー

応接室は、入口に一番近い座席が下座。一番遠い奥の座席が上座となります。
ビジネスマナーでは席次が決まっており、来客が上座へ着席していただくのが基本。そのため、上座へ座り心地の良い椅子を配置しましょう。
応接セットを使用する場合は、2人掛け・3人掛けソファを上座へ配置してください。

オフィスマナー

調度品や綺麗な景色が上座にある場合

ただし例外として、綺麗な景色や会社の商品などに関するディスプレイが上座にある場合は、それらがよく見える場所が上座となりますので注意が必要です。



応接室をレイアウトする際のポイント

リラックスできる応接室

・緊張感を和らげる空間づくりを意識する

来客をおもてなしするには、緊張を解して和やかな雰囲気にするのも大切。お客様もリラックスできる応接スペースなら、会話や商談がスムーズに進むでしょう。
絵画や観葉植物でリラックス効果を狙うのはもちろんですが、使用するソファやチェアが、長時間快適に座ることができる機能性のあるものを導入するのがおすすめです。

コンセプトに合った家具

・オフィスデザインやコンセプトに合った家具を選ぶ

応接室に必須のオフィス家具は、センターテーブルとソファ・椅子。
応接セットとして様々なものが販売されていますが、やはりオフィスデザインに合わせて家具を揃えることをおすすめします。
気軽に購入することができる応接セットは、ブラックカラーの合皮やレザー素材のソファセットが一般的ですし高級感もあるためこちらで揃えても良いのですが、どことなく面白みに欠けてしまいます。
素材は変えずにブラウンやホワイトなどの他のカラーを選べば、厳格さの中にも柔らかさを感じさせてくれる他には無い応接室となります。
カジュアルで温かみのある雰囲気を演出したい場合は、ファブリック生地のソファや木製のチェアなどを導入すると良いでしょう。
コーポレートカラーを取り入れ、こだわりの応接スペースをアピールするのもおすすめです。

センターテーブルとソファの距離

・ソファとテーブルの高さ&距離

センターテーブルとソファは、ゆとりをもって配置するのがポイント。
ソファとテーブルの間は人が歩いたり足元の窮屈感を避ける為、40cm以上は開けておきましょう。

応接室では基本的に対話や面談などが主な使用方法なため、座面高40cm程度のソファならテーブルは高さ40~45cm位が使いやすい高さとなります。
座面高と同じような高さなら圧迫感がなく、目線を遮ることが無いためお部屋を広く見せることが可能です。
応接室と会議用を兼用するのであれば、用途に合わせてコラム:デスクの選び方を参考に、デスクワークがしやすい高さを選ぶのがおすすめです。

>>デスクの選び方へのリンク



応接室のレイアウト事例4選

応接室のレイアウトは目的に合わせて家具を選択したり、配置するのが大切です。
事例として、4つの異なるイメージに合わせてインテリアコーディネートした応接室をご紹介いたします。

重厚感のある応接室

・重厚感と高級感のある応接室

レザーのソファとダークブラウンの家具が上質さを感じさせてくれるレイアウト。
こちらのオフィスインテリアのポイントは、厳格なインテリアデザインながらもあえてワントーン明るいブラウンのソファを選び、柔らかな雰囲気を醸し出してくれるようにデザインされています。
どことなくかしこまりすぎない室内にしたい場合は、このような柔らかめのカラーを選ぶのがおすすめです。

役員室にある応接室

・役員室に配置した応接室

役員用の執務室に応接スペースを設置したレイアウト例。
重要書類は扉付きのキャビネットへ収納し、書類が目に入らないよう考慮。オープンラックには調度品を飾って会社をアピールします。
伸縮可能なセンターテーブルを選べば人数に合わせて伸縮できますし、書類を沢山使用する商談や打ち合わせでも思う存分広げることが可能です。

会議室と兼用の応接室

・会議室と兼用した応接室

応接専用の部屋が確保できない場合は、会議室と応接室を兼用するレイアウトもおすすめ。このようなレイアウトの場合は、家具の選び方にコツがあります。
応接か、会議利用する方が多いのかよく考えることが重要です。
会議で利用頻度が高い場合は、通常の応接室とは違い長時間作業することを想定し、丁度良い高さのチェアとデスクを採用しましょう。

>>デスクの選び方へのリンク

アパレルの応接室

・リラックスしながら商談できる応接室

ショールームと併用した応接スペースデザイン。商談メインで応接室を利用する場合は長時間座っても疲れにくく、座面が広めのソファと大きなテーブルを使用するのがポイントです。
大きなテーブルがあれば商材を広げ、じっくりと検討していただくことが可能。リラックスできるソファなら、ゆったり座って和やかに商談を進められます。



arneおすすめ!応接室で使えるオフィス家具

arneでは、応接室でも活用できるインテリアを沢山取り揃えています。
こちらでは、おすすめのセンターテーブル、ソファ、調度品を飾るディスプレイラックをピックアップしてご紹介いたします。



応接室レイアウトで使えるセンターテーブル

組み立て簡単コの字型テーブル

シンプルなコの字型テーブル

シンプルだけど使い勝手の良いコの字型テーブル。豊富なサイズをご用意していますので、サイドテーブルからカウンターテーブルなど、様々な活用方法が可能です。
丁度良い寸法が無い!とお悩みの方は、1cm単位でサイズオーダーメイドにも対応しております。

価格17,050円~
商品詳細を見る サイズオーダーを見る
伸縮ローテーブル

伸縮できるローテーブル

豊富なカラーとサイズから選べる伸縮ローテーブル。板の厚みが4cmあるためテレビ台やディスプレイラックとして活用するのもおすすめ。こちらのテーブルは伸縮するので人数に合わせて幅を伸ばすことが可能です。
中間にできるスペースの高さは約10cm。資料や経済新聞を収納できるので、商談や打ち合わせがスムーズに進められます。

価格22,800円~
商品詳細を見る サイズオーダーを見る
カフェテーブル

ソファの高さに合うカフェテーブル

ブラックカラーのX脚がかっこよく、まるでカフェに置いてあるようなおしゃれなテーブル。
用途に合わせて3種類の高さから選べるので、お好みのサイズをお選びいただけます。

価格24,200円~
商品詳細を見る
スツールテーブル

スツールをテーブル代わりに使うアイデア

こちらの商品はスツールですが、ローテーブルとして活用するのもおすすめ。座面が広くフラットな為、書き物をしない場合に向いています。
正方形と長方形タイプの2種類からお好きな形状を選べ、サイズも豊富。欲しいサイズを作れるサイズオーダーメイドにも対応しています。

価格17,800円~
商品詳細を見る サイズオーダーを見る
モダンテーブル

SDG'sに貢献できるおしゃれなテーブル

通常捨てられてしまう端材を一部使用した、SDG'sにも貢献できるセンターテーブル。環境への配慮が形になったアップサイクル家具です。
端材を使用したといっても大きさも高さもソファに座って使うには十分のサイズ感。環境問題に前向きに取り組んでいる企業に是非取り入れていただきたい家具です。

価格12,800円~
商品詳細を見る


応接室レイアウトで使えるソファ&チェア

四角いシルエットのソファ

四角いシルエットの1人掛けソファ

プチコンパクトソファシリーズは肘掛けのデザインが3種類、座面高が2種類から選べるarneのロングセラーソファです。
こちらは座面高45cmを使用しており、立ち座りがしやすい高さとなっています。
絶妙なぴったりサイズが欲しい方にはサイズオーダーメイドにも対応しております。

価格38,800円~
商品詳細を見る サイズオーダーを見る
丸みのあるソファ

丸みを帯びたソファ

丸みのあるラウンドフォルムが優しい印象を与えてくれるソファ。どこからかクラシカルな雰囲気も漂ってくるかのようなソファです。
1人掛け・2人掛け・3人掛けの3タイプご用意。ファブリック生地ならややカジュアル。合成皮革なら格のあるイメージを与えてくれます。

価格49,800円~
商品詳細を見る
くるみボタンが可愛いソファ

くるみボタンが可愛いソファ

背もたれのデザインが可愛いアームレスソファ。モダン・ナチュラル・北欧・レトロなど、様々なお部屋のテイストに良く合います。
ソファの奥行が64cmと74cmの2種類。お部屋の広さを考慮して奥行寸法を選択することが可能。程よく硬い座面なので長時間座っても疲れにくいソファです。

価格35,800円~
商品詳細を見る
座面が広くゆったり座れるソファ

座面が広くゆったり座れるソファ

広々とした座面に柔らかい弾力感のある背もたれ。合成皮革を使用していますが、上品な雰囲気をまとうソファです。
座面はワイドでやや硬め。長時間の商談でも疲れにくく、リラックスしながら進められます。

価格69,800円~
商品詳細を見る
カッコイイモダンなソファ

カッコイイモダンなソファ

モダンな雰囲気がおしゃれでカッコイイ!重厚感を感じることができるロングセラーのソファです。
バランスの良いデザインで、洗練されたインテリアコーディネートとなるため、かしこまったイメージを持たせたいときにオススメです。

価格36,800円~
商品詳細を見る
天然木が温もり感じるチェア

天然木が温もり感じるチェア

キャスター付き・昇降機能付きの木製が暖かみを感じるオフィスチェア。よくあるプラスチック製とは違い、天然木を使用しているのでワンランク上の上質なインテリアをお求めの方にオススメです。

価格66,000円~
商品詳細を見る


応接室レイアウトで使えるディスプレイ収納

伸縮オープンラック

伸縮可能なオープンラック

置きたい場所に合わせて伸縮できるおしゃれなオープンラック。幅を自由に変更できるので、オフィス移転や模様替えの際にも活躍してくれます。
角度も変えることができるので、部屋のコーナーに置いて調度品を飾っていただけます。

価格19,800円~
商品詳細を見る
石膏ボードに取り付けられる壁掛けシェルフ

石膏ボードに取り付けられる壁掛けシェルフ

arneの人気商品ウォールシェルフ。石膏ボードの壁さえあれば、どこにでも設置して収納場所をふやせる便利な家具。コの字型をはじめ、扉付き、鏡付きなど様々なシリーズを展開しています。
コの字型のウォールシェルフはサイズオーダーにも対応。会社の商品を飾ったり、おもてなしのためにディスプレイしたり。様々な使い方が可能です。

価格7,150円~
商品詳細を見る サイズオーダーを見る
魅せることができるディスプレイラック

魅せることができるマガジンラック

表紙を見せながら飾れるマガジンラック。斜めになった棚でお気に入りの本やパンフレットを見せながら収納することができます。
斜めについた棚には桟が付いているので、雑誌以外のものもアイディア次第でディスプレイできるおしゃれなマガジンラックです。

価格25,800円~
商品詳細を見る サイズオーダーを見る
SDG’sにも貢献できるおしゃれな壁掛けラック

SDG’sにも貢献できる壁掛けラック

端材で作られた、デザイン性の高いアップサイクル商品。アシンメトリーの絶妙なバランスがおしゃれで、これ1つ飾るだけでもシンプルな壁が華やかになります。
アートパネルやグリーンを飾って、応接室を彩ってみてください。

価格3,980円~
商品詳細を見る
シンプルさが嬉しい完成品の本棚

シンプルさが嬉しい本棚

本棚として使っても、オブジェやグリーンを飾ることもできるシンプルな本棚。可動棚となっているので、背の高いアイテムも収納可能です。
こういった大きな家具は組み立てのものが多いですが、arneの本棚は完成品にてお届け。日本製かつ組み立ての煩わしさが無いのが嬉しいポイントです。

価格9,800円~
商品詳細を見る サイズオーダーを見る


応接室レイアウトで使える観葉植物

光触媒加工が付与されたウォールグリーン

光触媒加工が付与されたウォールグリーン

応接室のような目が届きにくい場所は植物のお世話は難しいのが現状です。そんな時は本物のようなフェイクグリーンを取り入れるのがおすすめ。
arneのBotanicalシリーズは、造花ではありますがまるで本物のように華やか。さらに光触媒加工が付与されている為、抗菌、消臭、防汚機能が期待できます。

価格14,300円~
商品詳細を見る


上質な応接室

応接室のポイント・家具の選び方まとめ

まずは応接室をどこに配置するかを決定し、使用目的を洗い出しましょう。特に会議室と兼用する場合は作業効率と利便性を考えた家具を選ぶことが重要ですし、役員室や執務室にスペースを作る場合は目隠しとなるパーテーションやセキュリティ対策を考えなければなりません。

また、応接室で使用する家具は、応接セットを購入して簡単にレイアウトする方法もありますが、お客様をお招きするお部屋ですので、会社の威厳やコンセプトが伝わるようなインテリアデザインにこだわる方がおすすめです。

arneのオリジナル家具なら、もう少しサイズが調整できたら良いのにな。こんな家具が欲しいけど、フルオーダーは可能?この商品を、アイカの他のカラーで作ってほしいな。大量購入予定だけど割引はあるのかな?など、様々な疑問にお答えいたします。 是非一度、お気軽にお問い合わせください。

オフィス家具に関するサイズ変更・価格などのご質問&ご相談は
お電話・メール・お問い合わせフォームのいずれかよりご連絡下さいませ。
052-990-1017
電話受付時間: 平日10:00-17:30
※土日祝は休業日です




お問い合わせ

お電話・メール・お問い合わせフォームのいずれかよりご連絡下さいませ。
052-990-1017
電話受付時間: 平日10:00-17:30
※土日祝は休業日です


株式会社arne(アーネ)
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-1-44

最近見た商品